×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

切り裂きジャックは誰だったのか?
Jack the Ripper / ジャック・ザ・リッパー

1888年
8月 31日 (金) 03:00〜03:45ごろ メアリー・アン・ニコルズ(40歳代前半/42歳/43歳)
9月 8日 (土) 05:30〜06:00ごろ アニー・チャップマン(47歳/45歳)
30日 (日) 00:45〜01:00ごろ エリザベス・ストライド(44歳/25〜45歳)
30日 (日) 01:40〜01:45ごろ キャサリン・エドウズ(46歳/43歳)
11月 9日 (金) 04:00ごろ メアリー・ジェーン・ケリー(25歳前後/25歳)

 この五件が、手口からして切り裂きジャックの犯行(ホワイト・チャペル連続殺人事件)だと確実視されているものである。
「手口に多少の違いはあるが、切り裂きジャックの犯行かもしれない」と思われる殺人事件は20件以上もあるらしい。
つまり、この頃のロンドンでは殺人事件が頻繁に起こっていたのである。

 スコットランド・ヤードが、ホワイト・チャペル連続殺人事件の容疑者として連行した数は、100名とも200名とも言われる。これも当時の治安の悪さを表しているといえるだろう。

10月1日
 「Dear Boss」で始まる“切り裂きジャック”の手紙(犯行声明)が新聞紙の第一版に掲載される。
手紙は9月27日(25日だという説もあり)に送られてきたもので、9月29日にロンドン警視庁へ届けられた。

 この他にも、切り裂きジャックを名乗る手紙や封書は、数多く出版関係や警察署などに送りつけられたが、そのほとんどが愉快犯によるものであった。
切り裂きジャックの正体

◎王室関与説

○アルバート・ヴィクター・クリスティアン・エドワード/クラレンス・アヴォンデイル公(1864-1892)犯人説

 当時のヴィクトリア女王の孫であるクラレンス公も容疑者のひとりにあげられたことがある。
クラレンス公はお忍びで街に出かけることが多かったらしい。
同性愛売春宿を摘発した際に、公がその宿の常連であったことが判明した(強制捜査時の逮捕者の中に公がいたという話もある)というスキャンダルがあったようで、そのことから異常性癖者の可能性が示唆され、猟奇殺人者に結び付けられたりもする。
 また、警察は早くから公が犯人だとわかっていて、王室と共同で事実のもみ消しをしていたのではないか?という推論もある。
◇犯人が書いたと思われる落書き(「ユダヤ人は理由なく非難されるべきではない」といった内容のもの)を写真も撮らずに警視総監であるチャールズ・ウォーレン卿が(トーマス・アーノルド警視が指示したという説もある)が消させた。
◇警視総監の交代劇。
◇容疑者への尋問はかなりいいかげんなものであった。
などが、この説に信憑性を感じさせる要因となっている。

クラレンス公は、1892年1月14日にインフルエンザによる肺炎で急死している。
しかし、本当の死因は梅毒だったという噂もある。

○ウィリアム・ワイジー・ガル卿(1816-1890)主犯説

 クラレンス公が田舎娘(カトリック教徒のアニー・クルックという名の女性。または、他の説によれば第五の犠牲者メアリー・ジェーン・ケリー自身)を妊娠させてしまい、そのスキャンダルを隠滅しようと女王の主治医であるウィリアム・ガル卿らが動いたという説。

 この場合のクラレンス公は、女との逢引のために同性愛売春宿を使っていたという仮説も浮上し、公に異常性癖はなかったという見方が強くなる。

 メアリー・ジェーン・ケリーはクラレンス公と関係を持った田舎娘と知り合い(一説によれば乳母だったらしい)で、二人の仲を知っていた(それをネタに王室をゆすっていたという説まである)ので、王室によって葬られた、というのである。
メアリーの前に殺された四人だが、
◇メアリーから公の話を聞いていた(または一緒にゆすりに加担していた)ので抹殺された。
◇メアリーを殺害する前に、殺人鬼(切り裂きジャック)の存在をでっちあげておくための犠牲者となった。
などの説がある。
 容疑者の一人だったモンタギュー・ジョン・ドルーイットは、切り裂きジャックに仕立て上げるために殺された、という説もある。(ドルーイットは12月にテムズ川に溺死体で見つかる。死因は入水自殺)
この場合、計画者の思惑は外れて「ドルーイット=切り裂きジャック」があまり浸透しなかったということになる。

 ウィリアム・ガル卿は、1987年に脳卒中で倒れ、体の自由が利かなくなっていたため、切り裂きジャックであるはずがない。
・・・のだが、ウィリアム・ガル卿自身が手を下すわけがない。もし、健康で体力も有り余っていたとしても、誰かを使って実行に移すだろう。(その場合の“誰か”は、手下でも仲間でも金で雇ったものでもいい。従者であったジョン・ネトリーでもいいわけである)

1890年に死去。

 ちなみに、ウィリアム・ガル卿は「拒食症」の命名者だそうです。

◎ウォルター・リチャード・シッカート(1860-1942)犯人説

○シッカート単独犯説

 印象派画家のシッカートは切り裂きジャックを連想させる絵を何点か描いており、そこから、シッカートは切り裂きジャックとなんらかの繋がりがあるのではないか?という推理が働くそうだ。
 この説は、作家のパトリシア・コーンウェルが大金を投じてミトコンドリアDNA鑑定などを行い、調査をしたことでも有名。
切り裂きジャックの名で送られてきた手紙と、シッカートが書いた手紙からDNAを採取することに成功。なんと、その二つから、一致するDNAが検出されたのである。こりゃあもう、シッカートが犯人に間違いないね!

 しかし、コーンウェルの調査に対しての意見は分かれていて、この調査そのものの信憑性を疑う者までいたりする。

 切り裂きジャックの手紙の大半は、その名を語った偽者が出したものである。
そもそも、連続殺人犯本人が手紙を書いて送っていないという可能性さえある。(つまり、切り裂きジャックの手紙と言われているものは、その全てが偽物である可能性を否定できない)
したがって、シッカートが切り裂きジャックの名を語って手紙を出していた場合は、DNAが一致するのも当然。

 というのが、コーンウェルの調査に対しての主な反論。

○シッカート共謀説

 シッカートは秘密結社フリーメイソンの一員で、ウィリアム・ガル卿ら会員たちと王室の名誉を守るために犯行に及んだとする説。
この説には、クラレンス公と密会を重ねていた女が産んだ女児を、後にシッカートが引き取り育てたという異説も付随する場合もある。

 秘密結社は関係なく、クラレンス公とアニー・クルックとの間に子供が産まれたことを知った王室側が、事実隠滅のために犯行に及んだという説もある。
アニーを精神病院に幽閉し、乳母だったメアリー・ジェーン・ケリーとその仲間三人を殺害。(キャサリン・エドウズはひと間違いで殺害されたという話もある)警察にも協力を求め、猟奇連続殺人犯切り裂きジャックをでっちあげた。
その後、公の落とし子の女児はシッカートに引き取られフランスに渡った。無事に成長し、男児を産んだ。という、よくできたお話もある。

シッカートの晩年は、後進の指導や著述に専念していたようだ。1942年に死亡。

◎ジョセフ・バーネット(1858-1926)犯人説
 この男は、メアリー・ジェーン・ケリーと同棲していたらしい。
売春をやめるようにメアリーに言っても聞き入れないので、他の売春婦を殺すことで抑止力にしようとした。しかし、いつまで経ってもメアリーは売春をやめない。最後にはメアリーに手をかけてしまった。という説である。
 確かにこの男は怪しい。FBIのプロファイリングによる犯人像にも当て嵌まるそうだ。しかし、この男も容疑をかけられはしたが、逮捕されるまでには至らなかった。決定的証拠が見つからなかった?それとも、他にめぼしい容疑者がいた?適当に取り調べをしていて取りこぼした?
とにかくバーネットは捕まらなかった。
その後、彼がどこで何をしていたのかは不明。

◎アーロン・コズミンスキー(1864-1919)犯人説
 ポーランド系ユダヤ人の理容師。
切り裂きジャックの目撃者が似ていると証言したのがコズミンスキーであった。(その後、なぜかその証言は撤回され、証拠不十分で容疑者リストから外される)
 刃物を持って街をうろつくなどという危険行動が見られ、警察から要注意人物としてマークされていた。
いかにも猟奇殺人をやりそうなタイプということで、切り裂きジャックではないか?と思われた。
精神病院への入退院を繰り返していたらしい。
彼を担当した医師の「痴呆症で、話すことは支離滅裂である」という記述があるらしい。
精神病院で1919年に死亡。

◎マイケル・オストログ(1833-?)犯人説
 ロシア人医師。
“グラント”など複数の別名を使って詐欺行為を働いていた。
多くの犯罪歴があり(殺人癖があったとも言われている)、何度も警察の厄介になっている。
オストログも、猟奇殺人をやりそうなタイプということで、切り裂きジャックではないか?と思われた。
精神病で医療施設に入っていたこともあったらしい。
事件後の経歴は不明。

◎モンタギュー・ジョン・ドルーイット(1857-1888)犯人説
 良家(代々医者の家系)に生まれ、水準の高い教育(オックスフォード大出だという)を受けて育った。(医者の家系に育ったため、医学にも通じていたとされる)
本職は弁護士なのだが、稼げないという理由から教員をして生計を立てていたらしい。(弁護士を目指しながら教職をとっていたという説もある)
事件当時、家族も彼のことを疑っていたという話もある。

 1888年12月、テムズ川に溺死体で見つかる。ポケットには石が詰め込まれており、遺書のようなものも見つかったことから入水自殺だとされた。
自殺理由は、
◇ドルーイットの母親は精神異常者で、自分も母と同じようになることを危惧していた。
◇同性愛者だと疑われ教職を解雇された。
というもの。

 でも、もしドルーイットが切り裂きジャックだとして、連続殺人犯が自殺するだろうか?
“連続殺人犯が警察に追い詰められそうになって自殺”という事例はどれくらいあるのだろう?
特に猟奇殺人犯は自殺しなさそうな感じがするのだが。

 切り裂きジャックの正体がドルーイットなら、彼の死は自殺に見せかけられたものだと思う。
ドルーイットが、ホワイト・チャペル連続殺人事件の真犯人として捕まるその直前、真実とともにテムズ川の川底へと沈められた。
そんな線もあると思う。

 はてさて、切り裂きジャックの正体は誰だったのでしょう?


○王室が関与している説

 これは、なんでも揉み消せる強大な権力という魔法の杖が使えるのでなんでもあり。
この魔法の杖を使えば、いくらでも仮説はたてられちゃう。
かといって、完全に否定はできない。
だって、史実は闇の中。誰も確かめられません。
こういうスキャンダラスなネタは、庶民の心を惹きつけるから支持率が高くなるのも当然です。


○ジョセフ・バーネット犯人説

 なーんでだかしらんが、最後の犠牲者とされるメアリーが全ての鍵を握っているような説が多い。
となれば、メアリーの男が疑われて当然。一番怪しいのはこの男かもしれませんな。
参考サイト

注意
 下記リンク先には、グロテスクな表現や画像が含まれている場合があります。
年少者や精神的な衝撃を受けるおそれのある方はご遠慮ください。
リンク先を見るか見ないかは各自で判断してください。
リンク先を見たことによってなんらかの損害が発生した場合でも、
当方は一切の責任を負いませんのでご了承ください。


参考にさせてもらったページ    サイト名
 
切り裂きジャック ウィキペディア
 
ジャック・ザ・リッパー プロファイル研究所
 
切り裂きジャック THE MADISONS
 
切り裂きジャック 不思議館
 
切り裂きジャックとは何ぞ也 ホラー映画専門チャンネル
 
切り裂きジャックは実在したか? ノートで3D
 
ジャック・ザ・リッパーのDNA鑑定 関西医科大学法医学講座
 
切り裂きジャック論 ソロモン参謀本部
 
切り裂きジャック ラウンジ・ピュア
 
参考資料

        
 
Copyright (C) 2003〜 王様駄夢 All Rights Reserved

Topへ